Oculus製品におけるFacebookアカウントの利用に関して

Oculusブログ
|
2020年10月11日
|
シェア

Oculus製品におけるFacebook
アカウントの利用に関して–

8月、Facebook社は、Oculusの新規利用者およびOculus Quest 2を利用する人々に向けて、Oculusにログインする際、Facebookアカウントでのログインが必要となることを発表しました。これにより、利用者は独立したVRプロフィールを保有しながらも、VR内で簡単に友達を見つけ、つながることができるようになりました。Facebook社は、ソーシャルVRには多くの可能性があると考えており、今回の変更により、HorizonのようなFacebookを利用した多くのソーシャル機能と統合することが可能になります。Facebookアカウントと認証済IDに紐付られたVRプロフィールを使用することで、Facebook社がコミュニティの安全を守り、また、保全を確保するための更なるツールを提供することができると考えています。そしてFacebook社が新たなプライバシーおよび安全に関する機能を追加することで、Oculusもそれらを適用し、恩恵を受けることができます。

10月13日のOculus Quest 2の販売開始に合わせ、Facebookアカウントでのログインを開始いたします。

  • 今回の変更は、新規利用者とOculus Quest 2を使用している全ての人々に適用されます。既存の利用者が他のOculusデバイスにログインしている場合は、今後2年間Oculusアカウントを使用し続けることができます。

  • 利用者はVRでご自身の表示方法(ユーザー名)を設定することが可能です。例えば、Facebook上ではMonique Smithという名前であっても、VRにはWarriorMama365という表示で参加することも可能です。

  • 利用者が、Oculus上の他の利用者にFacebook上の名前で検索されたくない場合は、Oculusのプライバシー設定で「Facebookの名前の表示」を「自分のみ」に設定します。つまり自分だけに表示させるように設定すれば、Facebook上の名前を他の利用者が見つけることはできません。

  • プライバシー設定は、Oculusアプリから、またはヘッドセットを装着している間いつでも変更できます。

開発者や企業のお客様でご質問がある場合は、Facebook社の 開発者ブログをご覧ください。Oculus for Businessのエンタープライズプラットフォームは、企業の管理者がWorkplaceアカウントを使用してVRの展開を管理できるようにするツールですが、こちらに変更はありませんのでご留意ください。

ヘッドセットへのログインについて

新規利用者およびOculus Quest 2の利用者

今月から、Oculusのアカウントを初めて作成した全ての利用者は、Facebookアカウントでログインすることになります。Oculus Quest 2では、新規利用者および既存利用者ともにFacebookのアカウントが必要になります。

すでにOculusアカウントを持っていて、Oculus Quest 2にログインしようとしている場合、Facebookのアカウントと統合するように促されます。統合後、デバイスへのログインにはFacebookアカウントを継続して使用します。Facebookアカウントを使用してログインすると、Facebook利用規約およびFacebookデータポリシー が、Oculus補足利用規約およびOculus補足データポリシーとともに適用されます。

ログイン方法の動画はこちらをご確認ください。(英語)

既存の利用者の方々

Gear VR、Oculus Go、Rift、Rift S、またはQuestにログインしようとしている既存の利用者の方々は、Oculusアカウントを継続して使用する、もしくはOculusアカウントとFacebookアカウントを統合することができます。Oculusアカウントを継続使用する場合、先月Facebook社が発表した、更新後のOculus利用規約Oculusプライバシーポリシーが適用されます。2023年1月1日以降、Facebook社はOculusアカウントのサポートを終了します。もし、利用者がアカウントを統合しないことを選択した場合でも、デバイスは引き続き使用できますが、すべての機能を使用するにはFacebookアカウントが必要となります。Facebook社は、購入したコンテンツを引き続きお楽しみいただけるように善処しますが、一部のゲームやアプリが作動しなくなる可能性があります。これはFacebookアカウントを必要とする機能が含まれていたり、購入したアプリやゲームのサポートの終了を開発者が選択していたりすることが要因となります。

体験を管理する

Facebook社は以前から、利用者が自分に適したVR体験を選択することを可能にするプライバシー設定を提供してきました。これらの設定は変更されません。これについては、以下でさらに詳しく説明しています。

利用者のVRユーザー名

多くの人々にとって、Facebookとは別のVRユーザー名や友達を持つことは重要なことです。これは変わることはありません。利用者は今まで通り独立したVRプロフィールを作成、維持することができます。そのため、Facebook上ではMonique Smithという名前であっても、VRでは、例えばWarriorMama365という表示で活動することも可能です(Facebook Horizonのような体験でも当てはまります)。利用者がOculus上の友達にFacebook上の名前で見つけられたくないと考える場合は、Oculusの設定で自身の「Facebookの名前の表示」を「自分のみ」に設定、つまり自分だけに表示させるように設定すれば、Facebook上の名前を他の利用者が見つけることはできません。

利用者のアクティビティ

利用者は、以下を含むOculusプラットフォーム上のアクティビティについて、他のOculus利用者への公開を制限することができます。

  • OculusストアからダウンロードしたOculusデバイスやアプリの利用

  • ステータス、進捗、成果など、利用者のアクティビティについてアプリがFacebook社と共有する情報

また、利用者によるOculus上の個々のアプリの使用状況を他の利用者が見られるかどうかを管理することも可能です。例えば、Beat Saberで得た高得点は共有したいが、フィットネスアプリでのアクティビティは非公開にしておきたい、という場合も個々に設定可能です。

また利用者は、設定の更新をして投稿への許可を与えることで、どのVRアクティビティの情報をFacebookのプロフィールやタイムラインに投稿するか、選択することができます。

友達リスト

利用者のFacebook上での友達は、VRで交流している人とは同じ人ではないかもしれません。そのため、VRの友達をVR上のみにしたいのであれば、Facebook上で友達になる必要はありません。また、友達リストの表示範囲を「一般」、「Oculus上の友達」、「自分のみ」の中から選択することで、利用者のOculus上の友達を見ることができる利用者を管理することも可能です。

デバイスへのアクセス

Facebook社は、コミュニティを安全に守り、購入されたヘッドセットをできるだけ簡単に使用できるようにしたいと考えています。アカウントに問題が発生している利用者に対して、Facebook社は、その利用者と協力し、できるだけ早く解決できるよう取り組みます。しかし、Facebook社のコミュニティ規定やVRでの行動に関するポリシーの重大な違反など、より深刻な状況においては、利用者はFacebookアカウントにアクセスできなくなったり、Facebookアカウントを利用してデバイスにログインできなくなったりする可能性があります。

ここでは、利用者の方々が疑問に思っていることに対する回答をご紹介します。なお、これらはOculusサポートセンターでも閲覧可能です。

デバイスで使用するアカウントを作成するにはどうすればいいですか?

Oculusの新規利用者またはOculus Quest 2の利用者は、デバイス、アプリ、Oculusストアの利用にあたり、Facebookアカウントが必要になります。Oculusのモバイルアプリで初期設定の際に、「サインアップ」をタップすればFacebookアカウントを作成することができます。Facebookアカウントの作成方法はこちら

Oculusデバイスで使用するアカウントを作成した後は、独立したVRプロフィールを作成することができます。そのためFacebook上ではMonique Smithという名前であっても、VRでは、例えばWarriorMama365という表示で活動することも可能です。

Facebookアカウントへのアクセスに問題がある場合でも、Oculusデバイスを使用できますか?

Facebookアカウントについて利用者に問題が発生した場合は、できるだけ早く解決できるようにお手伝いしたいと考えています。

  • Oculusデバイスにログインした後にFacebookアカウントに一時的な問題が発生した場合(例えば、Facebookアカウントが当社のポリシーに従わない名前を使用している場合など)は、ログアウトしない限り、デバイスにログインしたままで、問題を解決している間でもデバイスを使用することができます。このような場合は、Facebookにログインした際に、問題を修正するか、レビューを依頼することができます。

  • Facebook社のコミュニティ規定に対する違反を繰り返したり、特に重大な違反を犯したりした場合、利用者はFacebookアカウントにアクセスできなくなる可能性があります。これは、当該アカウントを利用してデバイスにログインできなくなることを意味します。

  • Oculusデバイスの設定や使用についてさらにサポートが必要な場合、Oculusサポートまでお問い合わせください。

FacebookアカウントでOculusデバイスにログインする際に問題が発生した場合、どこでサポートを受けることができますか?

  • Facebookへのログインにお困りの場合はFacebook社ヘルプセンターのこちらの記事 をご覧ください。

  • ログイン後に問題が発生した場合は、Facebookアプリの指示に従ってください。

  • Oculus デバイスの設定や使用についての追加サポートが必要な場合は、Oculusサポートまでお問い合わせください。

OculusのFacebookアカウントに問題が起きないようにするために、特別に何かできることはありますか?

Facebookアカウントの作成時は、日常生活で使用する実名と生年月日を使用してください。FacebookアカウントでOculusにログインできない場合は、こちらのアドバイスを参考にしていただくか、Oculusサポートまでお問い合わせください

Facebookアカウントに問題が生じないようにするために特別なことは必要ありません。一定数の友達を追加したり、Facebookに投稿したり、Facebookアプリやウェブサイトに定期的にログインする必要もありません(すでにOculusにFacebookでログインしているので)。Facebookのコミュニティ規定VRでの行動に関するポリシーに従っていることを確認してください。アカウントの保護を強化する、二段階認証に関するヒント, をご確認いただくこともお勧めしております。

Oculusにログインする以外にFacebookを使う必要はありません。また、Facebookプロフィールを持っていたとしても、独立したVRプロフィールを作成することができます― Facebook上ではMonique Smithという名前であっても、VR上ではWarriorMama365かもしれません。利用者がOculus上の友達にFacebook上の名前で見つけられたくないと考える場合は、Oculusのプライバシー設定で「Facebookの名前の表示」を「自分のみ」に設定します。Facebookのプライバシー設定の詳細はこちら、プライバシー設定の確認はこちらをご覧ください。

Facebookを定期的に使用しなくても、ソーシャルVRにはもっとたくさんの可能性があり、将来的にはMessengerやHorizonのような、Facebookを使った新しい体験をOculusでご提供する予定です。Facebookアカウントに登録した実名などの情報をVRプロフィールとして利用することで、コミュニティを守り、安全なツールを提供することができると考えています。Facebookがプライバシーと安全のための新しいツールを追加することで、Oculusもそれらを適用し、恩恵を受けることができるようになります。